トップページ | 2004年8月 »

2004年7月の記事

2004/07/31

小林正観さん。

子供が生まれて、これからについて始めて考え始めました。
どれまでは夢も目標もなにも実現したいものは無かった。
今 自分が何をしたいのか どんな人生を送りたいのか見えてくるようになりました。私が今関っているお仕事のおかげでもあります。

私の見方が変わった一つに 小林正観さんに出合ったことも有りました。しばらく読んでいなかったのですが久しぶりに「宇宙が味方の見方道」を読みました。私が人づてで聞いただけなので定かではありませんが まるかんの斉藤一人もその思想に興味を持たれていたとか・・。
全てをポジティブに捕らえる。今 私はそれが嬉しくて仕方が無いのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/27

おっちっこできたよヽ(^o^)丿

今 娘が始めて オマルとおトイレでおしっこをしました
ヽ(∇⌒ヽ)(ノ⌒∇)ノ
今日は私のセミナーの日で 娘を一時保育預けていました。
昨夜から「明日菜~ちゃん保育園でいっぱい遊んできてね」
      「いや! ママ」
      「ママはお仕事。ママもがんばってくるから」
      「いや!ママ」
      「ママ 菜友と一緒にディズニーランド行ってミッキーちゃんに会える様にがんばるから」
      「いや」
これの繰り返し。 少し発熱もして今日は寸前まで迷いました。
娘は 保育園で始めは泣いたものの 後はお昼寝の時間まで元気に遊んでいたようです。
私はセミナーで 今日の参加目的を皆さんにお話しするとき、本当に不思議なのですが涙が止まらなくなってしまって・・・。本来 表向きの私とプライベートな部分の私は分けることが出来ているはずなのに。

そんなこんなで色々あった今日。 突然 無理して教えたわけでない娘が自分で勝手におしっこ・・。
「私も一歩前に出なさいよ」と言うことでしょうか?v(^.^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/26

パパの愛情

嬉しいことに私の記事にトラックしてくださった方がいらっしゃいました。
写真エッセイ「わし的パイプの煙」、見させて頂くと、パパがお作りになっていらっしゃるHP。そこでふと考えました、「家は?」そうですね、子供の写真すら自分からカメラを持ち出して撮るという事の無いタイプです。でもね家のパパの良い所は 娘と一緒になって遊んで下さる所。パパなりの一生懸命な子供への愛情が私には十分わかるところでしょうか。(子供の将来の話になると「本当に子供のこと考えてるの?」と喧嘩になることも落ちろんありますが)
母に母の 父親には父親の 子供への愛情の目が有って、どちらがいいって言うのではなくそれが両親。
あ~~~何だか子育てってやっぱり良いですよね♪
もちろんイラつくことだって有るし、何で~ってこっちが泣きたいこともある。 それ全てが子育ての楽しみ。

そして色々な方の考えに触れられる。これがブログの楽しみ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004/07/24

保育園決めました。

系5つの保育園を回って、保育園を決めました。
何より理由にしたのは、未満児保育児に対する先生の人数とそれに対しての園長先生の考えでした。私の当初の記号は園児の少ない保育園でしたが色々見てみると 園児に対しての保育士さんの人数だと思いました。
なにより今回感じたのは 自分がこれから何処に住んでいくか 保育の段階である程度決めておくことも大切だと言うこと。 さあ!主人も仕事がんばり始めています。私も今が一番がんばれる時 です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004/07/22

保育園の実態にびっくり!

今日も2つの保育園を回りました。娘の未満児保育を選ぼうか、もし自分の納得のいく保育園が見つからなければ生活自体から考えるため仕事をとりあえず減らして自分に備わったものを待とうか・・。その答えを見つけるためです。保育園を回ってびっくりしたのは、未満児の人数に対する先生の数がその園の先生の判断による所なのだということでした。法律では何人と決まっていると思いますが。 
今日1軒目の保育園は
「今未満児の先生が3人 生徒が6人、今月2人入るので菜友ちゃんで一人が3人見なくてはいけない、一人で3人は大変ですよね」と言う回答。
2軒目は
「今 6人の未満児さんが居ます。今先生一人なのですが なゆちゃんが1歳以下ならもう一人増やそうと思っていました」 という回答。
菜友は1歳9ヶ月なので、
そうなると7人で一人の先生???

園長の意識の違いでこんなに保育園って変わるんだと びっくりしました。
それも2軒目は 市営の保育園です。

今 幼保一環を言われていますし、小泉さんは民営化を進めていますが、まず経済が立ち直らないとどうしても働かなくては成らないお母さんは増えます。その上 保育費やそれに付随する費用が増えるとどうなるんだろう??
保育園に預けられない=働けない=びんぼう我慢=経済の発展???

小泉さん好きですが少子化に対する回答がどうも今の政府は納得の行かない答えしか出してくれないから、それだけは何とかして欲しいなと思うのです。
これからの子供たちの育成を怠ったら、日本は今以上に世界に置いて行かれちゃうぞ!(^.^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/20

新しい保育園

今日は先日いっぱいだった今一時保育に行っている保育園の代わりに新しい保育園を探しに行ってきました。幾つか見て、納得いかなければ仕事自体も考えるつもりです。それが私に与えられた現実だから、子供に対して自分に不安があるのにお任せするのは間違っていると思ってるからです。今日の保育園は急遽お願いした見学だったのですが、良いなあと思う点が多くありました。 何よりまだ見えないのが 「先生はどうか?」です。娘に辛い想いをさせないか? でもじっくり考えると 自分だってもちろんあまり無く娘に、わざと何度言っても同じいたずらをする娘に腹が立つときもあるのです。大切なものは何???何??そう考えると、 「娘のことを一番に考え娘が居ることを本当に嬉しく思い、感謝している中で 選んだ母の道を娘が必ずわかってくれると思える自分の自信」
そう思います。
明日も種まきの日々、いっぱいいっぱい(良い意味で)考え、悩み もがき・・・。
今は一番良い時なのかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/18

私が子供を保育園に入れることで 何を重要と思うか?
*園の教育方針
*設備
*保育の時間帯 etc

でも一番重要視しているのは先生です。私でさえ幼稚園の先生の良かった悪かった
記憶はあります。
子供にとって 大好きな先生に出会えること本当はそれがあれば悩むことは無いのかもしれません
 天使と一緒
こんな先生なら 娘を安心してみてもらえるだろうな・・。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/14

保育園がいっぱい(@_@)

昨日9月分の保育園の予定をお願いしに行きました
ところが一時保育の予約がいっぱい(>_<)
今どうしたものかと考えています。
ネットワークのお仕事をするに当たって、皆さん経験することだと思いますが
自分の中でテンションとやる気、伝えたいと言う想いをパワーアップし続けることが
大きな課題となってきます。
知り合いやその又お知り合いに伝えるのですから 断られるようなこと、
結果が悪いと一時嫌煙されることもありますから。
そのためにはミーティングに定期的に参加することは欠かせません

ところが先月はこの時期に抑えられた保育の予約が今月は入れられない・・。

さて。
私の答えは2つ
娘を未満児保育にお願いするか
ミーティング無しでがんばっていけるか・・・。

今 娘の様子を見ながら 思案中

明日保育園の先生に相談しに行こうかな?
どなたかお母様で 未満時保育にアドバイスいただける方いらっしゃいましたら
その時感じられたことなど教えていただけるとありがたいです。
ちなみにまだ家は一人っ子です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/11

3年前に戻ってしまう!!

今 開票速報を見ています。
「叩かれても叩かれても 構造改革」 私はこの考え好きです。
民主党、私はいつも反対意見ばかりが先に立って じゃあどうするの?
って思うんです。
子供は減るんですよ。老人は増えるんです。現実なんです
じゃ 赤字はどうするの?税金?????
小泉さんってそのために苦労を買って出た人じゃないの?

どこかのかの大会社の御曹司に 本当にお金の無い人間の気持ちがわかるのかしら??

せっかくせっかく 膿をだす手術を始めたのに・・。ここで諦めるの?
とにもかくにも日本の経済を立て直すことが先じゃないの?
先の悪い結果ばかり想定して文句を言っていたら何もいい方向に進まないんじゃないの???


あ~~~居ても経っても居られなくて 書いてしまいました。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

岐阜って田舎で良いよ~

nayu_001.jpg


先日娘を自転車に乗せて近くの川へ行ってきました。
私の子供の頃に比べれば汚くは成っていますが、それでも十分泳げます
PQ(人間的知性)育つかしら?と少しは心でいつも思っています(^.^)

娘がこの習慣を覚えながら成長し、その子供にも同じように体験させて上げられるように・・。

そう願って病みません。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

トップページ | 2004年8月 »