« 富士山登山 説明会 | トップページ | 100人合コン Seki Night Safari »

2012/07/05

本の修復講座

昨日
関市役所で行われた「本の修復講座」へ行って来ました


Th_img_9578

講師は 関市立図書館館長 はるちゃん いや。違う 内海晴代さんです


Th_img_9560


まずは 「本」に付いての構造や各部の名称から・・・・

本一冊に以下の各部の名称が有ります
(天・地・のど・小口・ちり・見返し・遊紙・はなぎれ:みぞ など・・・)

既にココの時点で 母ちゃん ひょえええええええええ!です

館長 はるちゃんの本当の実力を見たと言うか
館長に成られる様な 図書館司書の方の 本への探究心と奥深さを知ったと言うか・・

本当に尊敬のまなざしです!

本の作り方(作られ方)を聞くと
昔の本は やはり 糸で綴じ、寒冷紗で背の部分を丁寧に片めて有るので壊れなかった

しかし現代の本は カバーはいかにもしっかりしているのですが
あまりに作り方がやぐい。
基本的にこれをきちんと直そうとすると 5〜6時間かかる作業に成るそうです

それは 現代の本は 「見返し」と呼ばれる 本の本体(読む部分)の裏表についている紙
部分のみで表紙に固定されている為だそうです


その直し方も一応説明を受けましたが
一緒に参加された皆さん「えええええ」の声が上がりました(^▽^;)


Th_img_9579


やはり基本は 抜けてしまっているページは基本のり入れで修復が良いとの事
テープではどうしてもがばがばに成ってしまうから・・・・。

無理な場合でも 最低 修復用のテープで(セロテープは言語道断は当たり前だそうです)

糸綴じの方法も教えて頂き

Th_img_9577


実施に自分でノートを作らせて頂きました


Th_img_9578_2


本当に 良い勉強に成りました

今度から学校へ本の修復に行くときは これを基本に直します(o^∇^o)ノ


|

« 富士山登山 説明会 | トップページ | 100人合コン Seki Night Safari »

岐阜県関市」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42521/55127052

この記事へのトラックバック一覧です: 本の修復講座:

« 富士山登山 説明会 | トップページ | 100人合コン Seki Night Safari »